家電量販店最大手のヤマダ電機は2019年12月に大塚家具による第三者割当増資を引き受けて子会社化した。これを機に大塚家具によるヤマダへの商品供給が進み、関係が深まっていった。そして今年2月7日、ヤマダは大塚家具が扱う商品を販売する家電量販店を東京と大阪に4店舗を同時にリニューアルオープンしている。背景には何があるのか。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら