衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOの成長鈍化が鮮明だ。2020年3月期の連結業績は期初計画が未達だ。売上高は1360億円を見込んでいたが、同計画比7.7%下回った。営業利益は同12.8%、純利益は同16.4%それぞれ下回った。商品取扱高も期初計画に達していない。3670億円を見込んでいたが、同6%下回った。また、年間購入者数は伸び悩んでいる。新規会員の獲得が鈍化しているという。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら