新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や臨時休業などで3月と4月は多くの小売業が売り上げを落としている。そうしたなか、ホームセンター各社は集客に成功し売り上げを大きく伸ばしている。

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら