居酒屋「塚田農場」を展開するエー・ピーカンパニーが業績回復の一手として「つかだ食堂」の展開に乗り出した。食堂市場は「大戸屋ごはん処」や「やよい軒」など競合がひしめいているが、塚田農場などのこだわりの食材を使った定食で市場に切り込む。ただ、つかだ食堂の価格は大戸屋よりも高く、懸念材料だ。はたしてつかだ食堂は成功するのか。

 外食大手のペッパーフードサービスは2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」など114店を閉鎖すると発表した。ステーキチェーン「ペッパーランチ」を売却することも発表。さらに、200人の希望退職を募るという。また、米国子会社の破産の申し立てを行い、米国から撤退する。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら