新型コロナウイルスが直撃し、経営再建中のRIZAPグループが深刻な状況に陥っている。同社が2020年6月10日に発表した20年3月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が60億円の赤字(前期 は194億円の赤字)だった。足元では本業のフィットネスジムにおいて入会者が激減。子会社の立て直しも遅れている。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら