不振に喘いでいた持ち帰り弁当店「ほっともっと」が新型コロナウイルス下で息を吹き返している。ほっともっとの既存店売上高は2020年4月が前年同月比1.9%増、5月が6.5%増だった。4月と5月は多くの外食チェーンが売り上げを大きく落としているが、ほっともっとはプラスを確保。コロナ前までは苦戦を強いられていたが、今後は盛り返す可能性がある。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら