新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受ける衣料品業界にあって、売り上げを大きく伸ばしている衣料品チェーンがある。ワークマンだ。感染拡大を防ぐため、多くの店舗で営業時間の短縮や週末の臨時休業を実施したにもかかわらず、2020年5月の既存店売上高は前年同月比19.4%増と大きく伸びている。それ以前も好調で、4月が5.7%増、3月が17.7%増だった。これらの月は新型コロナを受けた外出自粛などの影響で「ユニクロ」など多くの衣料品チェーンが苦戦を強いられたが、ワークマンは例外的に絶好調だ。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら