ユニクロがここにきて強さを見せつけている。2020年6月の既存店売上高は前年同月比26.2%増と大きく伸びた。3〜5月は大幅減となっていたが、一転して大幅増となっている。ユニクロにいったい何が起きているのか。

 新型コロナ禍において「ドトールコーヒーショップ」を展開するドトール・日レスホールディングス(HD)と「コメダ珈琲店」を展開するコメダHDで業績の明暗が分かれている。ドトール・日レスHDは大幅な減収、赤字になった一方、コメダHDは減収減益ながらも減収幅はそれほどでもなく黒字を確保している。何がこうした違いをもたらしたのか。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら