「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの2020年6月期連結決算は、純利益が前期比6.9%増の503億円だった。新型コロナウイルス禍において、総合スーパー事業の好調で最高益を更新した。

 コロワイドの大戸屋ホールディングス(HD)への敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立した。成立がほぼ確実であることを事前に予想していたが、その通りになった。  icon-arrow-circle-right チャンネル登録はこちら